古来より、人類は地球上における様々な開拓を繰り返してきた。
新大陸アメリカの発見、エベレストの登頂制覇、両極地への到達・・・
そして、21世紀。
人類に残された最後の未開地は、意外にも部屋の中にあった。
それは・・・
未開の1/4(クォーター)
部屋の中の標高180cmから240cm(天井)までの空間。
身長180cm以下のほとんどの人類は、電球の取替え時くらいにしか、
その空間を訪れたことはない。
この椅子は、そんな低層圏の生活を強いられてきた人類に贈る、
まさに、高層圏への夢の掛け橋。

おお、神よ。
再び天(井)に近付かんとする、我ら人類の過ちを許したまえ・・・





-実物の写真-
アングル1 アングル2